Home

19年度・20年度目次

提 言
 ○会長
 ○教育センター指導主事
 ○指導室 指導主事
 ○音楽研究会 委員長

研究部の活動
 ○授業研究部
 ○音楽教育研究部

各種研修会
 ○講演会・総会
 ○夏季研修会
   (愛知県小中学校音楽教育研究大会)
 ○冬季研修会
 ○部活動指導者研修会
      ・第1回 合唱(指揮)
      ・第2回 合奏(器楽)
      ・第3回 合唱(発声・和声)

音楽関係行事
 ○年間行事予定
 ○ナゴヤ・マーチング&バトンウェーブ’09
 ○市小中学校連合音楽会
            (教育祭)
 ○市小学校バンド演奏会
 ○市小中学校合唱フェスティバル

ワン・ポイント・アドバイス
 ○新学習指導要領@

個人研究
 ○教育研究派遣員紹介
 ○指導体験記録入賞者紹介
 ○私の研究

 

 

絶対評価を考える

              名古屋市立港南中学校

                       川 合 恒 之

目標に準拠した評価,いわゆる絶対評価が実施されて6年目になりました。ここでは,疑問の声の特に多い「観点別学習状況の評価」について確認したいと思います。

〇 音楽への関心・意欲・態度(第1観点)

児童・生徒が授業で学習する内容 (題材ごとの学習活動)に,どのように取り組んでいるかを評価します。したがって忘れ物の回数や,授業への集中度,提出物を出しているかなどでの評価ではありません。

○ 音楽的感受や表現の工夫(第2観点)

音楽的な感受とは音楽の要素を理解してその効果を知るとともに,雰囲気や曲想などを内面に生じるイメージとかかわらせて「感じ取る」ことです。そして,音楽的な感受を基にして,どのように表現に生かそうとしているかが表現の工夫です。

○ 表現の技能(第3観点)

児童・生徒が自己の内面でイメージした音楽を,実際に音で表現するための技能のことです。読譜や記譜,表現するための楽語や記号の理解も含みます。

○ 鑑賞の能力(第4観点)

「音楽的な感受」で育んだ知覚の働きを生かし,鑑賞する喜びの中でその音楽に固有の雰囲気,気分や味わいを感じ取る能力のことです。

○ 各観点のかかわり

まだまだ諸説ありますが,第2観点と第3観点,第4観点は

段階的な違いであるとの解説がありました。つまり,「音楽的な感受」の次の段階が「鑑賞の能力」で「表現の工夫」の次の段階が「表現の技能」であるということです。このことから,相互に聞き合う活動は最終段階であれば「鑑賞の能力」になりえます。そうでなければ,「音楽的な感受と表現の工夫」となります。