Home

19年度・20年度目次

提 言
 ○会長
 ○教育センター指導主事
 ○指導室 指導主事
 ○音楽研究会 委員長

研究部の活動
 ○授業研究部
 ○音楽教育研究部

各種研修会
 ○講演会・総会
 ○夏季研修会
   (愛知県小中学校音楽教育研究大会)
 ○冬季研修会
 ○部活動指導者研修会
      ・第1回 合唱(指揮)
      ・第2回 合奏(器楽)
      ・第3回 合唱(発声・和声)

音楽関係行事
 ○年間行事予定
 ○ナゴヤ・マーチング&バトンウェーブ’09
 ○市小中学校連合音楽会
            (教育祭)
 ○市小学校バンド演奏会
 ○市小中学校合唱フェスティバル

ワン・ポイント・アドバイス
 ○新学習指導要領@

個人研究
 ○教育研究派遣員紹介
 ○指導体験記録入賞者紹介
 ○私の研究

                                新学習指導要領 @

                                         「思い」を「実現」へ

 【新学習指導要領の勉強会】                名古屋市立砂田橋小学校長
                     羽 生 直 子
  指導要領改訂の内容については,表現領域の構成や共通事項,言語活動,創作と鑑賞そして伝統音楽の指導の充実などが既に示されています。

大切なことは,9年間の音楽の授業によってどんな力を身に付けるのか明確にし,本当に実現させることです。それには,活動で終始するのではなく,「学習」としての授業を計画的に実践し積み上げることです。

求められるのは,音楽の美しさやよさが,要素と仕組みや仕掛け,風土や文化などによることを知り,さらにそれが人間にどんな意味を与えるのか,音楽の見方・考え方を学んでいく授業です。それは,思考・判断の伴う創造的な学習活動であり,音楽の中に身を置く楽しさや感動をより濃密にし,増幅させるものです。

具体的には,例えば要素と仕組みに関する明確なねらいで簡単な音楽をつくれば,その効果が実感できます。その結果,聴く場合も根拠をもった自分なりの価値付けが可能になり,言語活動の必要も出てきます。

 情動と深くかかわる音楽は,生きる力や意欲に影響を与えるという点で脳科学からも注目されています。学校教育全般を支える重要な役割が果たせる教科であるとの自負をもち,従来の授業のつくり方にとらわれず,原点から考え,実践に取り組みたいものです。