Home

19年度・20年度目次

提 言
 ○会長
 ○教育センター指導主事
 ○指導室 指導主事
 ○音楽研究会 委員長

研究部の活動
 ○授業研究部
 ○音楽教育研究部

各種研修会
 ○講演会・総会
 ○夏季研修会
   (愛知県小中学校音楽教育研究大会)
 ○冬季研修会
 ○部活動指導者研修会
      ・第1回 合唱(指揮)
      ・第2回 合奏(器楽)
      ・第3回 合唱(発声・和声)

音楽関係行事
 ○年間行事予定
 ○ナゴヤ・マーチング&バトンウェーブ’09
 ○市小中学校連合音楽会
            (教育祭)
 ○市小学校バンド演奏会
 ○市小中学校合唱フェスティバル

ワン・ポイント・アドバイス
 ○新学習指導要領@

個人研究
 ○教育研究派遣員紹介
 ○指導体験記録入賞者紹介
 ○私の研究

      鑑賞指導について(中学校編)
               名古屋市立東陵中学校
                  新 美 ゆ う
 
中学校での鑑賞指導では,小学校で養い培った力や能力を基に,さらに高め,深めていきます。そこで,中学校での鑑賞指導の在り方についてまとめてみました。
 高め・深めていきたい内容
 中学校1年生では,以下の点について感じ取って聴く
ことを重点とします。さらに,2・3年生では,味わって聴いたり総合的に理解して聴いたりすることを重点としています。
○ 音楽の表現要素と構成要素などの,音楽の諸要素とその働きによる曲の雰囲気や曲想とのかかわり
○ 我が国や世界の音楽の特徴と音楽の多様性 
○ 音楽とその背景となる文化・歴史や他の芸術などとのかかわり
 高め・深めていく活動例
○ 同一曲での異なった演奏形態や演奏者による音色の聴き比べ,速度が変化する楽曲の聴き比べ など
○ 世界各地の様々な発声による歌声の違い,楽器の音色や奏法の違いなどの聴き比べ など
○ 風土や文化・歴史,他の芸術(文学,舞踊,演劇など)とかかわらせて音楽をとらえる など
いずれにしても,音楽をただ単に聴かせるだけの指導に終わらせないために,ねらいを明確にした学習の流れの工夫や教材の選択が大切です。