Home

19年度・20年度目次

提 言
 ○会長
 ○教育センター指導主事
 ○指導室 指導主事
 ○音楽研究会 委員長

研究部の活動
 ○授業研究部
 ○音楽教育研究部

各種研修会
 ○講演会・総会
 ○夏季研修会
   (愛知県小中学校音楽教育研究大会)
 ○冬季研修会
 ○部活動指導者研修会
      ・第1回 合唱(指揮)
      ・第2回 合奏(器楽)
      ・第3回 合唱(発声・和声)

音楽関係行事
 ○年間行事予定
 ○ナゴヤ・マーチング&バトンウェーブ’09
 ○市小中学校連合音楽会
            (教育祭)
 ○市小学校バンド演奏会
 ○市小中学校合唱フェスティバル

ワン・ポイント・アドバイス
 ○新学習指導要領@

個人研究
 ○教育研究派遣員紹介
 ○指導体験記録入賞者紹介
 ○私の研究

新学習指導要領A

小学校における質の高い音楽学習をめざして

                  教育センター指導主事
                           青 木 香 織

   新学習指導要領を何度も読み返してみました。何度読んでも目に飛び込んでくるのは,「思いや意図をもって」という言葉です。

これまでも音楽教育においてこの「思い」という言葉がさんざん使われてきました。しかし,この「思い」があまりにも曖昧(あいまい)で,しかも,「思い」ばかりが先行して,それを実現するための術をもたない子どもたちに「思い」を強要しすぎていたのではないでしょうか。従って,子どもたちは,音楽の授業でいったい何を学んだかがはっきりとしないというのが現状だったような気がしてなりません。

 この「思いや意図」と密接な関係があるのが,今回[共通事項]として示された音楽の諸要素や音楽の仕組みです。楽曲がもつ音楽的な美しさやおもしろさと密接にかかわりのある音楽の諸要素や仕組みを学習し,それを活用して思考・判断しながら表現していくことが思いや意図をもって表現することにつながります。共通事項が示されたことで,各学年で指導すべき内容が明確になりました。小学校では,共通事項に示された内容を教え込みではなく,いかに楽しく,多様な音楽活動を通して指導していくかということが今後の課題となると思います。

 とはいえ,音楽科の授業時数は変わりません。小学校の全授業時数のたった6.3%にすぎないのです。だからこそ,私たち教師は,今,目の前にいる子どもたちにどんな力を育てたいのかを明確にし,そのための教材を吟味する必要があります。そして,選んだ音楽に教師自身がどう向き合っていくかが大切です。教師の音楽に対する探求心こそが音楽の授業を質の高い「音楽学習」へと高めるのです。