音 楽 教 育 講 演 会
名古屋市音楽研究会研究発表大会
名古屋市音楽教育研究会冬季研修会


1 日時  平成22年2月23日(火)  15:00〜

2 場所  名古屋市教育センター 音楽室
                (名古屋市熱田区神宮三丁目6番14号)
3 内容

   
【第1部】   音楽教育講演会

   名古屋市教育センター指導主事の青木香織先生を講師にお招きし,テーマ「伝えたい音楽の力」の中で,「新学習指導要領と授業について」のお話があり,「次のような授業をしていませんか」とお尋ねがありました。

   ○「楽しさだけを追い求める授業」                ○「情意面だけに着目した授業」
   ○「知識や技能の獲得に終始した授業」        ○「活動あって学びなしの授業」

  新学習指導要領で示された「共通事項」は,授業改善のキーワードであり,

   ○「何を学ばせるのかを明確にする」            ○「教材を学ぶのではなく,教材で学ぶ」
   ○「少し頑張って超えられる山を設定する」     ○「手だてを講ずるだけでなく,支援をする」

という4つのことについて,「授業の中にどう位置付けるのかを,音楽教師は真剣に考えなければいけない」とお話がありました。また,これまでのご自身の実践を振り返ったり初任者研修や5年目研修の先生方をご指導されたりする中で,音楽教師のプロとしての技を後輩へ伝えていく場やそえrを学ぶ場としての「組織の大切さ」もお話くださいました。

 
 【第2部】   研究発表大会

  音楽教育研究部は,西味鋺小学校の長崎祐嗣ぐ先生が「歌おう!楽しく・きれいに・仲間とともに〜音楽を楽しみ,思いを込めて歌える子どもと目指して〜」,また,大曽根中学校の見田寛先生が「響き合う合唱〜互いに聴き合い,高め合う活動を通して〜」のテーマで発表をしました。そして,授業研究部は,「体を動かす活動」を取り入れた歌唱表現や「言語活動」から見た音楽づくりについての説明とその表現を発表しました。