音楽教育講演会・総会

23年5月20日(金)  熱田文化小劇場

 5月20日(金)に,熱田文化小劇場において,音楽教育講演会および,名古屋市音楽研究会総会,名古屋市音楽教育研究会総会が行われました。


◇音楽教育講演会◇

 演題 「〜こころひとつに〜 ミュージックベルコンサート」

 講師                M.B.club ミュージックベルスタジオ
                           代表 KEIKO 氏

   

ミュージックベルの演奏とその特徴

KEIKO氏を中心に4人の奏者がそれぞれ1セット(27本)のミュージックベルを使って演奏をしてくださいました。さらに,ミュージックベルをハンドベルと比較しながら紹介していただき,小型で軽いという特徴をもっていることで,だれもが扱いやすい楽器であることがわかりました。個々のパートを聴いただけでは何という曲を演奏しているのか見当がつかない旋律も,全てのパートが重なることで一つの素晴らしい音楽になるのだと,M.B.clubの皆さんの演奏から実感することができました。まさに,「こころをひとつに」することのできる音楽でした。

ミュージックベルを授業の中で生かす方法

@ ミュージックベルの音を鳴らしながら,音の高低を聴き,順に並べる活動を行うことで,音階を覚えることができる。

A 2つ以上のベルを同時に鳴らし,どの音とどの音が合うか聴く活動を行うことで,和音に対する理解を深めることができる。

B「レ,ミ,ソ,ラ」の4つの音を使うだけで「わらべ歌」を二人組で演奏することができる。

〜ミュージックベルの演奏体験を通して〜

 自分の音を出す前の緊張感,上手に出せたときの喜び,間違えても笑顔になれるという「仲間とともに演奏に取り組む楽しさ」を味わうことができました。